上海から帰ってきた私は人生を何倍くらい楽しく生きられるのか?

散らかり系ブログ。2017年9月~2018年7月、上海に留学しておりました。

【映画】『鬼が来た!』と『生きる』

華金なので(?)、2つの映画を見ました〜

 

生きる(活着)

 f:id:gongxiyou:20171209013422p:image

鬼が来た!(鬼子来了)

f:id:gongxiyou:20171209013416p:image

 

どちらも豆瓣で高評価を受けています。

以前の霸王别姬で受けた衝撃から、90〜00年代の中国映画(とりあえず評価の高いものから)をいっぱい観よう!という考えに至りました ^o^

 

結果、

霸王别姬ほどのアレはなかったです。

 

映画のポテンシャル云々じゃなく、ただ個人的にグッとくる要素が足りなかったのだと思います。

 

「生きる」は霸王别姬の主要人物として活躍した葛优geyouと巩俐gongliの2人が出演しています。

ストーリーのせいもあってかあまり表現に抑揚を感じなかったのは正直なところですが、それでも、それぞれの俳優としての味はそのままでした!

近代中国のリアルな生活様式や思想を知るにあたって、とても忠実な描かれ方をしていると思います。

 

、、あと余談で、

ずっと巩俐が中村アンに似てると感じてるんですがどう思われますか??笑笑 

中村アンも巩俐ほど色っぽい演技ができればより良いのですが、、。そこは似てると言い難いや。

 

「鬼が来た!」は評価サイトでもたくさん投稿があるのであまり語りません。

 

私が思ったのはひとえにこれ。

めっちゃ字幕追いづらい〜!!!

 

「生きる」の時代が近代中国で、より今の言葉に近いものが話されているのでパッと見でもかなり理解しやすいのに対し、

「鬼が来た!」は場所が華北、WW2ごろのものなので、発音に気だるさを含んでいる点、使われる言葉がそもそも難しいといった点から、馴染みのない漢字がズラズラ、、この映画にふんだんに織り交ぜられた笑いの要素も気づけず。

半分やっと雰囲気つかめてるかな、ぐらいでした。帰ったら日本語字幕でリベンジしたいです!